仕事をしているみなさん、仕事をしているといろいろと大変なことが起こりますよね。今日は職場で「どなる」とどうなるかって話です。

一時期、アメリカ政府系の機関で
働いていました

ある時期
同僚キャシーと意見が合わず小競り合いを
繰り返していました

広報の彼女とプロジェクトを担当している私
イベントの内容でお互いどうしても
譲ることのできないことがあったのです

ある日、彼女のブースに乗り込んだ私 「ちょっと、これ、こんな風にされたら困るんだけれど」

ゴングは鳴りました

そもそもこの日はもろもろのストレスで
機嫌が悪かったキャシー

途中から気持ちが高ぶってきて怒鳴り声もマックス「とりあえず、落ち着いて話そう」と言えただけの私 この日のラウンド、完敗です

それでも、その後
落としどころを見つけて解決

そのあと、関係も修復して
かなり仲良くなりました

さて、それから月日が過ぎ去り
そんな出来事も忘れたある日

職場内の弁護士からメールが「話があるから10時にオフィスにきてください」「えっ、何これ? 内容書いてないし怖い」

内容も何も書いていない呼び出しメール

かなりビビりながら
オフィスに向かうと

部屋の中には弁護士と人事部長が
神妙な顔をして座っていました

切り出された話が

「予算部のトムがキャシーに問題があると訴えてきていてね それで情報収集してるんだ」「いろいろな人に聞いてみると、みんな「かーこと話した方がいいよ」と言うもんだから」

これは、、、

みんな、私たちのケンカを聞いてたな

とりあえず仲直りしたところまで
事実だけを淡々と話し
ここでの話は他言無用とのことで
面談は終わりました

怖かった〜 よかった〜 私が問題起こしたんじゃなくて

、、、って思ったけれど
でも、これはたまたま

あの時の大げんか 彼女より先に私が爆発していたら どうなっていたかわかりません

しかし、、、

まあ、どう考えても臆病な私が先に爆発していたら こうかな?「だからどうして分かんないのよ、ウェ〜ン」

どっちにしても
こんな状況にならなくてよかったよ