夫とまだ遠距離していたころ、いつもパリで会うのも味気ないので格安航空会社ブエリングを使って私たちが大好きな国スペインへでかけたりしていました。今回はスペインの中でもアンダルシアの人気都市、グラナダをご紹介したいと思います。

 絵日記:ハマムはこんな感じ

私たちのアンダルシア旅行
飛行機でセビーリャに入り
レンタカーを借りて
いろいろな都市を訪れるものでした。

まず目指したのが
アルハンブラ宮殿で有名なグラナダ

レンタカー屋さんで
追加料金を払ってまで借りたカーナビが
あまりに役立たずで
へとへとになって到着しました。

お腹もぺこぺこだったので頭上にちらっとアルハンブラ宮殿が見える屋外のピザ屋さんで一休み

旅行先でのんびりとゆっくり
屋外でとる食事は最高です。

034-F2a

このハマム、水着が必要なのだけれど
真夏の旅行だったので
二人とも荷物に水着をいれてきていました。

お土産屋さんが多く並ぶ道を歩いてたどり着いたハマム 「よくわかんないけれどこのコースでよろしく!」

ぽん太の片言のスペイン語で受付を済ませ
いざお風呂へ!

まず目を引くのがとても美しいイスラム調の内装 キャンドルがともりとてもロマンチックです。「この雰囲気の中でお風呂に入れるだけで楽しいね」

さらに私たちを喜ばせたのが

034-F5a

久しぶりに大きなお風呂で
あんまり人もいなくて

1時間半ほど、お風呂を満喫し
お肌もちょっとすべすべ
疲れもとれた感じで大満足でした。

034-F6a


034-F7a

私たちがこのハマムを訪れたころは
もっとお手頃価格だったのですが

今回、ウエブで調べてみると
お高くなっていてビックリしました。

034-F8a

でもだから長く湯船の中に浸かっていられて
のんびりできるのかもしれません。

034-F9a

居心地の悪い方は他の浴槽へ避難するか
そっと目をそむけてください。

それとも
頑張って対抗してみるのも
手かもしれません


Bar-border-F

今回ご紹介したスパはこちらです。いろいろと情報が変わるかもしれませんのでお出かけの方は事前に調べてみてくださいね

Hammam Al Andaluz Granada
C/ Santa Ana, 16 18009, Granada
902 333 334
http://granada.hammamalandalus.com/

 グラナダといえばアルハンブラ宮殿

世界にはいろいろな観光地や世界遺産があり、私たちが訪れた事のあるものはほんとうに限られているのだけれど、アルハンブラ宮殿、私の中では「訪れて心底、よかった~と思える建造物」のかなり上位に入っています。

昔々、今ほど進歩した技術もなかっただろうに、どうやっていったいこんなもの作ったのかと思うほどの美しさ、そして繊細さ。宮殿もすごいんだけど、アルカサバと呼ばれる砦からの眺めも爽快だし、お庭もきれいで、夫と二人「すごいね~」「すごいね~」と繰り返すのみでした。

もしアンダルシアに行く機会があれば、立ち寄る価値ありです。

またアルハンブラ宮殿は入場制限があるので、入場券は前もって買っておいたほうがいいと思います。最近は入場制限が厳しくなっているようで2〜3ヶ月先までいっぱいになることもあるので早い目の予約をおすすめします。

 グラナダの運転は気をつけて

レンタカーとカーナビでグラナダを目指した私たち。けれどグラナダの町に入ってからホテルにたどり着くまで本当に困りました。というのもカーナビがうまく機能しなかったから

もちろんカーナビが古い機種だというのもあるのですが、町中の道はとても細く込み合って入り組んでいるのでうまくカーナビに現在地が反映されません。それで混乱するうちに、細い道の深みにどんどんはまっていって身動きとれないようになります。

今はカーナビの性能もよくなっているだろうしスマートフォンのナビもあるので、私たちがしたような苦労はしなくてもいいかもしれませんが、少し心に止めておいてくださいね。

また、あまり運転に自信のない人には難易度がかなり高い細い道がたくさんあります。しかもそんな道に多くの人が歩いていたり、対向車線を小型バスがバンバン走ってきたりします。

こんな細い道が主要道路になっていて車が多く走っています。毎日使っていて慣れている人々はすごいはやさで通りぬけて行くのですが、私はある箇所では車の両方のサイドミラーを折りたたみ、夫に横をみてもらい後ろにつらなる車を待たせ、両側にそびえる石造りの家の間をそろそろと進むということもありました。

車での旅行はとても楽しいものです。でも車での旅行だから感じるストレスもあります。私と夫はこの役立たずのカーナビと超難易度の高い運転に振り回され、この旅行が終わったときに「離婚することにならなくてよかったね」と、、、

どうかご 自分たちのリズムにあった楽しい旅行をお楽しみください。

↑このページのトップヘ