京阪神に観光でお越しになる方も多いのではないかと思います。公共交通が便利な京阪神、せっかくなので電車を使って趣の違う都市を訪れてみるのはいかがでしょうか。今日はこの中でも京都・大阪間を移動する鉄道交通について、いろいろな選択肢をご紹介してみたいと思います。
母が入っている実家のお墓が
京都にあることもあって 
日本滞在中は必ず京都へ出かけます

それは夫が一緒の時も同じ
ついでに京都観光もします

私たちが愛用しているのは京阪電鉄の「プレミアムカー」「なんか高級感満載でうれしくなるよね」

京阪電鉄には特急があるのですが
6号車のみが全席指定の特別車両になっていて
この車両「プレミアムカー」と呼ばれています

「絶対に座れるのがいいよね」いろいろなことが体力的にきつくなってくるアラフォー夫婦 ゆったりとした座席は快適です

さらにこのプレミアムカーの車両
専属のアテンダントさんが付いていて

無料の雑誌を持って回ってきてくれます ブランケットの貸し出しやオリジナルグッズも販売してるらしいよ 利用したことないけど

そう、プレミアムカー至れり尽くせりなのです
でも残念なことが一つあって、、、

「これで車内にトイレがあればいいんだけどね」「本当にね〜」そう、トイレがないのはがっかりです

ところでみなさん
京阪電車のテレビコマーシャル
見たことありますか?

「京阪にのる人おけいはん」がキャッチフレーズのこのコマーシャル 舞妓さんが電車に乗っているバージョンもありました

「そんなアホな」と
思われるかもしれませんが、、、

ある日の京阪電鉄のホーム

「えっ、今なんかすごいの乗ってたよね」「うん、乗ってた」

本当に乗っていました、舞妓さん
運がよければあなたも出会えるかもよ!


Bar-border-F

私たちが愛用している京阪電車、実際のところプレミアムカーとなっている6号車に乗らずに普通に特急のその他の車両に乗ってもかなり快適です。

ただ途中駅から乗るといっぱいで座ることができないこともあるので、それでどうしても座りたい時には追加料金を支払ってプレミアムカーに乗っています。

でもそれ以外にも大阪・京都間を移動する方法はいろいろあるので、京都や大阪を観光される時にその時の状況によって便利なものを選ばれるといいかと思います。

大阪から京都へ電車で出かける6つの方法

さて大阪から京都へ電車で出かける方法はJRや私鉄で色々とあり、その利用駅も料金も様々です。

まずは私が思いつくいろいろな方法を書き出してみたいと思います。

1:お金はかかるけれど早い新幹線

まずは電車に乗っている時間が一番短いものとなるとやっぱり「新幹線」

「新大阪」から「京都」まで実際に電車に乗っている時間は約15分です。

また新幹線、「こだま」から「のぞみ」まで1時間に8〜10本走っていて、どの電車も「新大阪」にも「京都」にも必ず停車します。

ということで利便性はとてもいいこの新幹線、しかしやっぱり問題はその料金です。

閑散期にあたる2月の料金ですが大阪ー京都間片道で
自由席1420円
ひかり・こだま指定席2610円
のぞみ2820円

と15分の乗車にかかる料金はかなり割高になってしまいます。

2:大阪南部から京都に行くにはJR「はるか」

新幹線が停車する「新大阪」や大阪の中心駅「大阪」は大阪市内の北側にあります。そうするともし大阪南部に宿をとったりすると、「新大阪」や「大阪」へ出て京都行きの電車に乗り換えるのには時間がかかることになります。

その一番の例が「関西空港」から京都への移動。

大阪府の南部にあるこの空港から大きな荷物を持って混雑をする公共交通を使って「大阪」や「新大阪」へ移動し、そこから京都行きの電車に乗り換えるのは本当に大変です。

こういったときにオススメなのは関空特急「はるか」

もちろん「関西空港」からでもいいのですが、この特急のいいのは大阪市南部の「天王寺」にも止まること。大阪の南側から京都に出かけるのにはとても便利です。

所要時間は「関西空港」からは約1時間半、「天王寺」からは45分で、だいたい30分に1本出ています。

ただこの特急、新幹線ほどではありませんがそれでも高額なのが問題です。

関西空港から 
乗車券1880円 指定席1290円 または自由席970円

天王寺から 
乗車券920円 指定席1290円 または自由席970円

新大阪から
乗車券560円 指定席970円 自由席650円

ということで天王寺から自由席に乗っても1890円かかることになりますがどうでしょうか?

3:金沢へ向かう「サンダーバード」で途中下車

さて私は一度も使ったことはないのですが、これまで新幹線や「はるか」を使って豪華に大阪・京都間を移動する方法を紹介してきたので、もう一つあえて紹介させてください、特急「サンダーバード」を。

この特急、もちろん大阪から乗車される多くの方は金沢を目指します。けれどこのサンダーバード、京都でも停車するので京都への移動へ利用することができます。

またこの電車がいいのは大阪の北側にある「新大阪」駅ではなく多くの電車が乗り入れる中心地「大阪」駅から乗車できること。

朝や夕方は1時間に約2本、お昼間は1本とあまり本数はありませんが、約30分で京都へ到着します。

ただやはり特急、お値段はそこそこします。

大阪・京都間 乗車券560円 指定席970円 自由席650円

ということは自由席でも1210円かかるということになるでしょうか。

4:特急料金を支払わずにJR京都線「新快速」で

これまでJRを使って大阪から京都へ出かける方法をご紹介してきました。全て特急券が必要な高額なものを書いてきましたが、通常、私がそして皆さんが使うのはJR京都線の「新快速」ではないでしょうか。

通勤時間には10分に1本、そうでないと15分に1本やってくるこの「新快速」。「大阪」「京都」間を30分で、「新大阪」からだと「京都」まで約25分ととても短時間で京都へ到着します。

また料金も大阪駅から560円とグッとお手ごろになります。

先週発表された旬のニュースですが2019年春からこの新快速に「Aシート」という有料指定席サービスも開始するようです。

5:必ず座りたいなら京阪電車プレミアムカー

さて次にご紹介するのは私が愛する京阪電車。関西にお住いの方なら「おけいはん」のコマーシャルでもおなじみの私鉄です。

大阪の中心地はJRでは「大阪」駅ですが私鉄では「梅田」駅と名前が変わります。その「梅田」から地下鉄御堂筋線で一駅「淀屋橋」駅から京都に向かっている私鉄です。

この私鉄、何がいいかというと京都東山の有名観光地の近くを走っていること。

JRのターミナル「京都」駅は京都の南側に位置しているので、観光をするならば到着してから京都の北側へ別の移動手段で上がっていくことになりますが、京阪電鉄は京都へ入ってからそのままどんどん北上してくれます。

三十三間堂や智積院近くの「七条」、また祇園や八坂神社に近い「祇園四条」にも止まるので東山方面に出かけるのにはとても便利です。

また大阪側では「淀屋橋」は大阪の大動脈「地下鉄御堂筋」と接続していますし、「京橋」はJRの大阪環状線と接続しているのもうれしいところです。

所要時間は淀屋橋・祇園四条間で49分、京橋・祇園四条間で42分です。また通勤時間に走る快速特急「洛楽」は京橋・七条間をノンストップで走るので、京橋・祇園四条間が38分となり十分JRと張り合えるかと思います。

また料金は淀屋橋・祇園四条間で410円、京橋・祇園四条間で400円とJR京都線よりも割安になります。

そして、ここで忘れてはならないのが座席指定の「プレミアムカー」

これ、必ず座ることができるので高齢の父と京都に出かける時などに利用しているのですが本当にいいです。

利用料金として500円を追加で支払わないといけませんが、京橋・祇園四条間で合計900円なので、JRの特急料金よりはかなりお安くなります。

6:忘れてならない便利な阪急京都線

最後にJR京都線と同様に一般的に多くの方が利用する阪急電車京都線をご紹介したいと思います。

こちらも大阪の中心地「梅田」駅から京都の中心地「河原町」に入ることができます。

この「河原町」、駅前にはデパートが立ち並び、京都の台所「錦市場」もすぐ側でいろいろなお店やレストランがずらっと並んでいます。また鴨川や先斗町もすぐ側、そして京阪電車の「祇園四条」もすぐ側にあります。

通勤時間は快速急行や通勤特急も走っていて、1日を通して平均10分に1本、特急電車が走っていて梅田・河原町間43分でつないでいます。

また料金も400円ととてもお手軽なのも魅力的です。

大阪・京都間の電車を選ぶ基準は?

さて大阪・京都間の電車での移動方法をいろいろとご紹介してきましたが、ではこの中でどの交通機関を使いましょうか。

利用する鉄道の大阪と京都の最寄駅を考えて

まずはもちろん利用する鉄道の最寄駅が滞在地や目的地に近いこと。

例えば京都側では東山方面に出かけるのであれば「祇園四条」や「河原町」のある京阪電車や阪急電車が便利かもしれません。

さらに京阪の終着駅「出町柳」からは「鞍馬」方面へ出かける叡山電鉄に乗り換えができますし、三千院のある大原へ出かけるのにも便利です。

逆に嵐山や太秦といった京都の西側に出かけるのであれば「京都」から嵯峨野線への乗り換えが簡単なJRを選ぶのがいいかもしれません。

また大阪側も南部から出かけるなら「はるか」がいいかもしれませんし大阪環状線や御堂筋線が近いなら京阪、また逆に大阪の北部から出かけるなら「新大阪」から乗車できる電車がいいかもしれません。

また「淀屋橋」や「新大阪」はなかなか地味な駅ですが「大阪」「梅田」、また「天王寺」は買い物を楽しむことのできる場所が周りにたくさんあります。「京橋」はそこそこといったところでしょうか。

このような滞在地や目的地、そして最寄駅近辺のお買い物状況も考えてご利用される電車を決めるのもいいのかもしれません。

所要時間、座席指定、そして運賃のバランスを考えて

そしてやはり考えたいのは所要時間と運賃のバランスです。その時々でそれぞれの状況があります。

とても限られた時間で日帰りで京都観光に行きたい状況でお金を出してもいいと思うのであれば「新幹線」という選択もありでしょう。

また予算がきつい状況で京都に出かけるならば阪急京都線の特急やJR京都線の新快速もいいかもしれません。

さらに大阪・京都間を必ず座りたいのか、混んでいるなら立っていてもいいのかも重要なポイントになります。

例えば高齢の父と移動する際は「座れない」というのは選択肢からなくなるので、そうすると指定席が取れるものをと考えることになるのです。

個人的には絵日記にも書いたように京阪電車のプレミアムカーが指定席ではお手軽な金額なので利用していますが、それは私の母のお墓が京阪電鉄沿線にあるということもあります。

もし京都の西側に出かけるのであれば別の方法を探すかもしれません。

結局のところ、場所・時間・予算・快適さの中からその時々の状況でご自身が優先順位を決めて、一番使いやすい鉄道を選ぶことになるのではないでしょうか。

どちらにしても大阪・京都間は思っているよりもとても近いので京都や大阪に滞在される方はお気軽にもう一方の都市へお出かけいただければと思います。