海外に住んでいて日本に一時帰国すると、日本滞在中にかかる費用をどのように日本へ持って行こうかと思います。さらにマイナンバーが導入されて今まで使ってきた海外送金も簡単にできなくなってきています。いろいろな方法を試してきた中で、今私が一番気に入って使っている方法をご紹介したいと思います。
海外在住のみなさん
日本に一時帰国中に使うお金
どうしていますか?

これまで私が試した方法

アメリカの空港でドルから円に交換 手数料や為替レートでとても損をしている気分(個人の勝手な感覚)


日本の空港でドルから円に交換 疲れているのに窓口に並んで交換するのがとりあえず面倒

それにこの二つの方法
そこそこの金額を持って
長時間の飛行機旅をしないといけないので
気持ちが休まらないのです

それで長らく私が使っていた方法が

出発2週間前にアメリカの銀行から日本の銀行へ海外送金

私は日本の年金や生命保険の支払い用に
日本の銀行の口座を持っているので

ここへまとめてアメリカからお金を送金して
日本一時帰国中はここからお金を出して
使っていました。

けれどこの方法も
数年前からなかなか厳しくなってきました

それは

海外生活者を悩ます「マイナンバー」問題 「マイナンバーがいるんだって」「?」

マイナンバーがないと海外からの入金や
海外への送金が大変になるとのこと

ということで
去年からやり方を変えました。

買い物は外貨取引手数料のかからないクレジットカードで そして現金はセブンイレブンでデビットカードで出金 どちらもアメリカの銀行のカードです


それにしても日本のコンビニっていつからこんなに便利になったの? おでんや唐揚げ だけじゃなくって現金までも?

日本のコンビニ最高!!

アメリカのデビットカード、クレジットカードを日本で使うには?

私がアメリカで使っている銀行はバンク・オブ・アメリカです。実は一度、バンク・オブ・アメリカに予約を入れて海外(アメリカの外)でこの銀行のデビットカードとクレジットカードを効率的に使う方法を教えてもらったことがありました。

これから私が書くことはこの担当者の説明、私の実際の経験、そして日本を旅行した英語圏の人のネットの話から分かったことなのでとても限られた情報源なのですが、何かの参考になったらと思います。

海外発行のデビットカード

バンク・オブ・アメリカの担当者によると、日本で現金をおろすならクレジットカードではなくデビットカードを使ってくださいとのこと。

では日本のどこでお金を下ろせるかということになるのですが、お持ちのデビットカードにICチップが付いているタイプなら私のオススメはセブン銀行です。

セブン銀行で引き出す

さて私がセブン銀行をオススメする理由は三つあります。

まず一つ目はICチップの付いているデビットカードなら限度額10万円まで引き出せること。他の銀行の限度額が5万円なので倍額引き出せることになります。

ただここで注意をしないといけないのはICチップの付いていない磁気ストライプ式のカードなら限度額は3万円になってしまいます。

お金を下ろすたびに手数料を寄られるので一回の引き出しで多くの金額が下ろせるのはうれしいところです。

二つ目にセブン銀行がいいのは成田や羽田空港、関空や中部国際空港など主要空港にATMがあること。到着空港で簡単にお金が引き出せるのはありがたいです。

三つ目はやはりATMがコンビニエンスストア、セブンイレブンの中にあるので比較的簡単に見つかること。

とても簡単になんの問題もなく引き出せるのでとても便利で私はよく使っています。ただ、まず限度額の10万円を引き下ろし、引き続きさらに10万円を引き下ろそうとするとできないので、おそらく1日に10万円しか引き出せないのかもしれません。

出金に発生する手数料は?

海外発行の銀行カードを使ってお金をおろすと3種類の費用が発生します。

一つ目は日本の銀行に支払わないといけない手数料。これはどのような金額でも一回の引き出しで216円取られていました。

次に支払わないといけないのがアメリカの銀行へ支払わないといけない手数料、これは1回に5ドル(約550円)取られていました。

さらに取引料金(transaction fee)として10万円を引き出すと約28ドル(約3100円)を取られているので、かなりの金額が手数料として取られていることになります。

取引料金は金額によって変わりますが、手数料は金額に関わらず引かれているので、なるだけまとめて引き出されるといいかと思います。

郵便局で引き出す

さて、もし近くにセブン銀行のATMがないということなら郵便局はどうでしょうか?

便利さはセブン銀行とほぼ同様です。ただ限度額が一回5万円というところがセブン銀行と違うところですが、その他の手数料や取引料金はセブン銀行と同じ額が取られていました。

私の家の近所の小さな小さな郵便局のATMでも問題なくお金をおろすことができたので、これからも活用したいところです。

その他の大手銀行ではどうなの?

ウエブサイトを見てみると、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行の大手銀行は順次これから海外発行のデビットカードも使えるようになりそうです。

限度額は5万円で手数料についてははっきりと書かれていない銀行もありますが概ね1万円なら108円、2万円以上で216円になるかと思います。

さて、この説明を見た後で、大きなターミナル駅にある三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行を試してみましたが、私の場合、アメリカで発行されたデビットカードで出金をすることはできませんでした。

ATMには海外発行カードは初期画面で「English」を選んで手続きをするように指示があるのですが、私の場合、それを選んでカードを入れると「現在、このカードは使えません」というメッセージが出るという形だったので、これから徐々に変わっていくのかもしれません。

またSMBC信託銀行(プレスティア )という銀行があります。この銀行シティ・バンクのリテール部門を引き継いだので、元々シティ・バンクの口座をを持っていると自動的にSMBC信託銀行の口座を持っていることになります。

元シティ・バンクということで海外発行のカードで出金ができるか試してみたのですが、私の持っているバンク・オブ・アメリカのデビットカードではお金をおろすことはできませんでした。

また私は試したことはないのですが、イオン銀行でも限度額5万円でお金が引き出せるそうなのですがどうでしょう。

海外発行のクレジットカード

クレジットカードはキャッシングの利息が

バンク・オブ・アメリカの担当者の説明通り、あまり高額でない手数料でデビットカードで日本で無事お金をおろすことができました。

ではどうして担当者はクレジットカードではなくデビットカードを勧めたのでしょうか。

担当者によるとクレジットカードでもお金を下ろすことができるけれど、クレジットカードを使うと借り入れ(キャッシング)をしていることになるからお金を下ろすときの手数料と一緒に利息がかかるとのこと。

なので結果的にデビットカードより高額の手数料になるので現金を出すならばデビットカードの方がいいと説明を受けました。

この説明を受けて私は現金を引き出す時にバンク・オブ・アメリカのクレジットカードを使っていないので自分で確認したわけではないのですが、そのようにアメリカの銀行に説明を受けたのでよければご参考にしてください。

トラベルリワードカードは取引手数料がかからない

さて、では私はバンク・オブ・アメリカのクレジットカードを日本でいつ使っているのでしょうか?

まず私が持っているクレジットカードを説明させてください。

私はバンク・オブ・アメリカから日本へお金を送金していた時期に「アメリカ国外によく旅行をするなら」と勧められて作ったクレジットカードがあります。

これがバンク・オブ・アメリカのトラベル・リワード・カード(travel reward card)と呼ばれるものなのですが、これの何がいいかと言うと、このカードを使って支払いをするとForeign Transaction Fee(外貨取引手数料)がかからないこと。

なのでバンク・オブ・アメリカの担当者の助言に従って日本で買い物をするときは基本的にはこのクレジットカードを使って支払いをしています。

そうするとデビットカードで現金を下ろして使うよりも取引手数料がかからないのでグッとお安くつきます。

また日本のアマゾンといった大手の通信販売でもこのカードを使用することができます。アマゾンでは支払いを円払いにするかドル払いにするかを選ぶことができるので私はその場ですでに為替が決まっている日本円払いにして支払っています。

トラベルリワードカードのポイントは優れもの

さらにこのトラベル・リワード・カード、1ドルにつき1.5ポイント溜まり、たまったポイントは旅行関係のクレジットカードの支払いと相殺させることができます。

オンラインで相殺させたい旅行関係の支払いを選ぶだけなのでとても簡単にポイントを使うことができます。

年会費もなくポイントの使用期限もないので、私はとても気に入ってこのカードを使っています。

今回は私が使っているバンク・オブ・アメリカのカードをご紹介させていただいたのですが、他のアメリカの銀行でもCapital One やChaseにも外貨取引手数料がかからないクレジットカードがあります。

もしご興味があるようならそれぞれの条件をみてお近くの銀行に相談してみるのもいいかもしれませんね。

アメリカのカードを使う時に気をつけないといけないこと

ということでバンク・オブ・アメリカの担当者の助言に従って、デビットカードとクレジットカードを使い分けているのですが、最後に日本に着いてからこれらのカードが使えないといった事態にならないように心がけることをご紹介したいと思います。

限度額が低いならば銀行で変更できるか確認

旅行前に確認しないといけないのは、日本で使う予定のクレジットカードの利用限度額がいくらなのかということ。

オンラインバンキングを使っておられる方ならカード情報のところに記載があるかと思いますし、よくわからない方は銀行へ問い合わせてもいいでしょう。

そして、その利用限度額が低いとお感じなら旅行前に銀行へこの限度額を上げれることができるかどうか確認してみるのはいかがでしょうか。

どちらにしても限度額を知っているとクレジットカードを計画的に使うこともできるので、知っているにこしたことはありません。

銀行に旅行の予定を連絡するのを忘れないで

いつもクレジットカードやデビットカードを使っている場所から遠く離れたところで急にこれらのカードを使うと、銀行はカードが不正に使われているのかもと思い、念のためにカードを使えなくしてしまいます。

こうなると銀行に電話をかけて事情を説明するまでカードを使うことができなくなってしまいとても不便です。

このような事態を避けるために、旅行前に銀行へ旅行の予定を連絡しておきましょう。

例えばバンク・オブ・アメリカではオンラインでアメリカ国外へ旅行する期間と国名、さらに旅行中の緊急連絡先を登録することができます。

そうすると日本で問題なくカードが使えます。これをしておかないと確認メッセージがアメリカの携帯に送られることになり、さらにアメリカの携帯を日本で使えないとそのメッセージも見ることがなくややこしいことになってしまうかもしれません。

銀行からのメールはまめにチェックをする

銀行はありがたことに不正なカードの使用を見張っていてくれています。

そして例えば飛行機の経由地の香港でお土産を買ってクレジットカードを使うと「何かおかしいカードの利用がありましたよ」とアメリカの電話へショートメッセージを送ってきて、返事をしないとカードが使えなくなってしまいます。

しかし電話でうまく連絡が取れないとなると銀行はE-mailでも連絡をしてきます。このような銀行からの連絡を見逃さないようにメールをしっかりとチェックしておきましょう。

本当にカードが不正に利用されているときにはもちろん素早く銀行に連絡をすることが必要です。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
私がアメリカで使っている銀行がバンク・オブ・アメリカなので、実際の経験からできることを書いてみましたが、おそらく銀行ごとに、そして利用されているカードごとにそれぞれ違ったルールや使い方があると思います。

日本に着いてから困らないように旅行前にご自身の銀行がどのような設定にされているのか調べておくといいのかもしれませんね。

また今、話題の簡単にそしてお安く海外送金ができるシステムに「トランスファーワイズ(Transferwise)」というものもあるようです。まだ使ったことはないのですが興味があるので次回には試してみるかもしれません。

みなさんの日本滞在が楽しいものになりますように