全く結婚記念日を覚えていない夫、そして結婚記念日を10日、間違えていた私。それでも結婚10周年はやってきたのですが、、、

さて、以前のブログに描きましたが
夫にプレッシャーをかけ
結婚記念日にレストランを予約してもらいました


でもその記念日を間違えていた私

どうせ、夫はいつが記念日かなんて
覚えていないので

知らないふりでしれっと
対応しようと思っていたのだけれど

結局、ガマンならず言ってしまいました「ねえ、せっかく予約してもらったけど、本当の結婚記念日は10日後だったよ」「ごめんね」 でも10日後もレストラン、行きたいんだけど

「まあ、いいよ」と太っ腹の夫

ということで、まずは
偽・結婚記念日にレストランへ
出かけました

すると入り口で聞かれたのが「今日は何か特別なお祝いですか?」

皆さんに聞かれていると思うのですが
なかなかタイムリーな質問

「結婚記念日です」「何周年ですか?」「10年です」

「おめでとうございます」と言ってもらい
気分良く、席につきます

お食事はとても美味しく大満足 セットメニューのケーキもやってきて さあ、食べようという時に

颯爽とウェイターさん登場

そして、そっと
私たちの前に差し出されたのが、、、

(ケーキの絵)

すごい、すごいです!

「えっ」「10周年の結婚記念日、おめでとうございます こちらはお店からです」

マネージャーの方もやってきて
挨拶をしてくださって
至れり尽くせりです

予想外の贈り物で「うれしいね」「ありがたいね」「ちょっと感動したよ」

でも、夫ここで一言

「ほんとは今日、結婚記念日じゃないけどね」

えっ、今ここで言う?
もしかして根に持ってる?

自分も忘れてたのに?