韓国語の勉強にすこし気合いがはいっていたころ、日本語字幕の韓国語ドラマを見るのもいいかとおもって、「宮廷女官チャングムの誓い」のDVDを買って見てました。 このお話の後半部分でとても重要な役割を果たすのが「韓方」。今日は私の「韓方」経験のお話です。
「宮廷女官チャングムの誓い」
DVD全18枚の長い話なのですが
要約すると

主人公のチャングムがまずは宮廷のお台所をあずかる女官になり、その後は王の医者を目指すのです。

もちろん後半で脚光を浴びるのは
当時の医療、漢方、いや

中国でなく韓国の薬なので韓方「この韓方、現在の韓国社会でまだまだ使われています」

ということで、結婚してすぐに
お義母さんにつれていってもらった
韓方医

まず手首をにぎって脈をみてくれるのですが「とても健康ですね」「問題だらけですね」

それから月日はながれ、今回、
途上国から帰って来たということもあって
またお義母さんが同じ先生を呼んでくれました。

前回のようにまず、夫から脈をみてもらうと「腎臓が弱ってるね〜 それにメタボリズムも弱いよ」と相変わらず問題だらけとのこと

続いて私

「前、診た時はエネルギーがあふれかえっていたのに今はシュンとしぼんでしまっているよ」 あら、最近ほんと疲れ過ぎって思っていたら、、、

その後、少し世間話をして
先生が帰られたので聞いてみました。

「でっ、お義母さん 先生にいくら払ってくれたの?」「ひとり400ドル」想像を絶する金額

脈見ただけで400ドル(4万4千円)
ってビックリしたのだけれど
いえいえ、本番はここから

数日後、死ぬほど重い小包が2箱届きました。開けてみるとパッチ包装された液体の薬が100パックずつ

なるほど、この薬代込みか〜と納得
しかし

1パック目、飲んでみてあまりのまずさに爆死 多分、人生で口にしたものの中でも一二を争うまずさ

でも義母の愛情とその金額を考えると
おろそかにすることもできず
毎晩飲んでます。

でもほんと、飲み終わった後、夫も私も毎日シャウト まずすぎてだまってはおれません。

次回はお義母さんの気持ちだけ
ありがたく受け取る事、決定

Cat intl-couple-F2 Cat-Korea-F2

Bar-border-F

日本でもまだまだ多くの人が漢方や針といった東洋医学を利用していますが、それは韓国社会でも同じようです。私が足首にけがをしてなかなか痛みがとれなかったときも、お義母さんが針のお医者さんへ連れて行ってくれたのですが大繁盛していました。

「韓方」といえば高麗人参

ちなみに「漢方」と「韓方」。もちろん「漢方」は中国発祥の伝統的な薬なのですが、それが韓国へ伝来し韓国風に発展をとげたものが「韓方」とのこと。おそらく専門家には分かるはっきりとした違いがあるのでしょうが、素人の私には大きな違いはわかりません。

ただ「韓方」と言われて私が真っ先に思い浮かべるのが「高麗人参」もしくは「朝鮮人参」。夫と結婚してからいろいろと義母がくれるものの中に結構出没します。これ、なかなか独特なそして決して美味しくない強烈な味がします。

例えばお義母さんは日本のおばさまたちと同様、よく飴を持っていてたまにくれるのだけれど、そのなかにいつもそっとまじっている「高麗人参飴」。なかなかパンチのきいた味がするのです。

でもこの高麗人参、古くは不老不死の薬とも言われていたように多くの栄養が含まれるのでとても健康にいいらしく、そしてもちろんお値段もそこそこします。ということでまずいからといってむげにはできないお薬なのです。まさしく「良薬は口に苦し」でしょうか。

そういえば、わたしが日本で購入していた漢方は飲みやすいように錠剤に加工されていたり甘い味になっていました。もちろん韓方も錠剤のものもあるのですが、 韓方薬の主流はしっかりと原料から煎じだされたものを小さなプラスチックバッグに個別にパックしたものなので薬のお味もそのままで度肝をぬかれることになったのです。ただその分、効果をしっかり期待したいところです。


 韓国サウナで人気の「よもぎ蒸し」

ところで韓方でもう一つ、思い出したのが韓国サウナでよくみかける「よもぎ蒸し」。更年期障害や生理不順といった女性特有の病気に効果があるそうでとても女性に人気のあるもので私も何度かやってみました。

手順としては、よもぎなどの生薬が煎じられているお鍋のうえに穴のあいた四角い椅子が置かれており、何も着ないでその椅子に座ります。そして首から足まですっぽり覆うマントをかぶって、煎じられている生薬の蒸気を体全体で吸い込むというものです。

このよもぎ蒸し、 1時間くらい冷たいお茶を飲みながら座っているので暑いのはそれほど辛くないのですが、私が辛いと思ったのはその間、なにも出来ないこと。手もマントの中に入っているので本を読んだりスマートフォンを見たりもできないので、ほんとうにおしゃべりするくらいしか出来ることがありません。なのでよもぎ蒸しをお試しの方、出来ればおしゃべり好きのお友達とおでかけください。

何世代もの時を経て受け継がれて来た健康や薬草の知恵、そして日々の生活の経験から生まれた韓方、時間はかかるけれどもゆっくり体質改善していくという考え方も私は好きです。ほんとうにもう少し味がなんとかなってお値段ももう少しお手頃だともっとうれしいのだけれど。

Twitter-F

↑このページのトップヘ