アメリカでお医者さんにかかるとよく「リファラル(referral)」という単語に出くわします。私は最初の頃全く意味がわかりませんでした。今日は「HMO」「PPO」といったアメリカの基本的な医療保険システムに加えてアメリカ軍の医療保険での私の経験をご紹介したいと思います。

アメリカで専門医にかかりたいと思ったら
どうしましょう。

日本ならそのまますぐに
専門医のクリニックへ出かければいいけれど
 
こちらではまずホームドクターに
診てもらわなければなりません。
 
ということで出かけたクリニック 「五十肩だと思うんですけど」「多分そうですよ アメリカではfrozen shoulder(凍った肩)っていうんですよ」

そして

理学療法を20回受けられるようリファラル(referral)しておきますねとのこと

さてリファラルとは何でしょう?

リファラルとはホームドクターから専門医へ紹介してもらうことで、これがないと専門医へ行っても保険が効かないかもしれないのです。

でも

「紹介」っていっても先生が病院を選んでくれるわけではありません。クリニック御用達のお医者さんリストをくれるのでそのリストを元に保険会社のウエブページで保険が使える病院を探して選ぶのです。

そして選んだ理学療法クリニックに
予約を入れ

やっとうけることができました。30分の運動と30分のマッサージを担当の理学療法士から

さて
このアメリカのリファラルシステム
最初、全くわかりませんでした。

アメリカへやってきた頃「ではリファラル出しておくので明日以降、このトライケアへ電話してくださいね」

先生、あなたは英語を話して
いらっしゃるのでしょうか? 

全く、何のことかわかりません

はぁ?

って感じです。

ここで出るいつもの弱虫な私 「オッケー そうします」 いいカッコをして答えましたが何がどうなっているのかさっぱり

アメリカ生活で大切なこと

「分からないことは分からないと
はっきり言いましょう」

私はできなかったけど