五十肩がとても痛いので、念のために病院でみてもらうことにしました。まずは予約をとらないといけないのだけれど、英語で病院の予約って簡単ではありません。今日は五十肩診察のために病院へ予約を入れた時の出来事です。

五十肩って緊急扱いなの?
ある日、突然右肩が痛くなり、
動くたびに痛みがでるようになってきました。
これが噂に聞く「五十肩」

夫に痛みを訴えてみたのだけれど、、、

「ねえ、五十肩になったみたいんだけど」「なにそれ?」

夫は「五十肩」をまったく知らない様子

「年をとると手をあげたら肩が痛くなるのよ」と
説明するものの、、、

「気のせいじゃないの?」「それとも筋肉痛?」「そんなの聞いたことないよ」

アメリカには「五十肩」はないのでしょうか?
まったく夫はピンときていません

それでも

「肩が痛い〜 あぁ、痛い 動かすのもつらい〜」「念のために一回病院に行ってみたら?」

とのこと

私も我慢しきれず病院に行くことにしました。
まずは病院へ予約の電話をします。

「お名前は? 住所は? 誕生日は? 保険ナンバーは? 症状は?」

と長い通常の質問が続いたあと
予約の日時を決める段階に

すると

「では、緊急扱いで予約日時、みてみますね」「えっ、緊急?」

もともと気の小さい私
 
五十肩、痛い。痛いけれどもこの状況で
もう2ヶ月以上も生活してきているし

 念のために病院に行く気になったけれど
行ってどうなるものでもないし

なので、、、「いや〜緊急なんてめっそもありません。普通でいいですよ、普通で」もじもじ

「3週間後なんて言われたって待てるわよ」
と思いながら
ちょっといい人気分を味わっていると

フッ 「では4ヶ月後になります」

と言われてしまいました。

4ヶ月後って、、、
 
ということで、ためらいなく

「緊急でよろしくお願いします」

2日後に予約が取れたけれど、
なんだか敗北感が半端ないです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「かーこの風薫る海外生活」というブログでは
具体的なアメリカの病院の予約の仕方を
書いています。

よろしければ合わせて
お立ち寄りください!

アメリカの病院で効率的に予約を入れるには