Top-intl-marriage-F私とぽん太のお母さんは基本的に言葉を介してコミュニケーションすることはできません。私が韓国語を一生懸命勉強すればいいのだけれどそれもなかなか、、、



韓国語が話せない私は
義母とコミュニケーションするときに
聴覚、視覚のみならず
想像力をフル稼働させます。

036-F1

それにしても、日本語と似ている単語が
いっぱいあるのには驚きです。

私の場合、漢字をイメージすると
覚えやすかったです。

036-F2

「寒い」は辞書では춥다(チュプタ)
よく丁寧形で「チュウォヨ」と使われます。

「エアコン」や「温度」は
日本語にもある単語なので
この3単語で結構、予想がつくのです。

036-F3

万国共通、ボディランゲージ

言葉が通じなくても
身振り手振りで通じることが
ほんとうに山のようにあります。

036-F4

必殺、想像力
家族として暮らしている時間が長くなると
この力、徐々に鍛えられてきます。

いや、鍛えられていると信じたい。

036-F5

まあ、当たらずも遠からずってことろで

そして
もし私の解釈が間違っていても
おおむね、問題なし。

だって

036-F6

こんな感じで義母との会話を
のりきっていますが

実のところ
 
036-F7
 
だってなんとなく意味がわからなくても
その場の雰囲気のほうが大切なときって
あるよね

Bar-border-F

義母もそして生前の私の母も
私や夫と言葉が通じなくても
平気でいろんな話をしてきました。

それって大変だけれど
でもうれしいよね

多分、話の内容より
コミュニケーションしているって
いう事の方が大切なのかもしれません。

それにあまりにも私の韓国語のレベルが
低いので、いちいち聞き始めたら
話が前にすすまないし

最近、勘がするどくなってきて
わかるふりをして
わからない話を「ふん、ふん」と
聞いていても

聞き逃してはいけない箇所は
雰囲気でわかるので

そこだけ、夫や義兄弟に
「なに、なに、なんて?」と
説明してもらってます。
 
Cat-language-F

Cat-Korea-F

Cat-family-F

Twitter-F


↑このページのトップヘ