Top-intl-marriage-F韓国で生まれ小学生でアメリカへ移住した夫、なので夫家族との生活には英語文化と韓国語文化が混在しています。それは私たち家族のちょっとおかしい呼び方にも表れているというお話です。



韓国では年上の兄弟を日本のように
「お兄さん」「お姉さん」と呼びます。

けれど
夫の家族は兄弟義兄弟みんなアメリカ風に
ファーストネームで呼び合っています。

004F-2

「オンニ」とは女性が
自分より年上の女の人を呼ぶときに使う呼び方

ということで、おおむね
兄弟間の呼び名はアメリカ風優位です。

さらにおもしろいのは

004-F1

夫婦間で韓国語と英語が
変な風に混ざってしまっています。

ちなみに姪たちは私たち夫婦も

004F-3

と呼び、これまた韓国風と
アメリカ風が混ざっています。
どうしてこんなことになっているのかは不明

ただ私も夫も、
夫のおじさんを「サムチョン」
おばさんを「アンティ」と呼んでいるので

原因は姪世代ではなく
ぽん太世代にあることは明らかです。

さらに、ぽん太のお母さん、私にとっての義母は
3パターンで呼ばれています。

004F-4

お義母さんとの距離が縮まったようで
気にいっています。

Bar-border-F

最初のころは、私も丁寧に「オモニム」って呼んでいたのだけれど、私が韓国語を話すのをあきらめた頃から、そして実母が亡くなってからなぜだか自然に「マム」と呼ぶようになりました。

全く韓国語を話さないのに呼びかけだけ韓国語っていうのもあまりに不自然で、、、

用事があると「マム」を連呼しているのだけれど義母が実際のところどう思っているのかは不明です。 

おじさん、おばさんも韓国語では本当にいろいろな呼び方があって混乱してきちんと使い分けができません。

例えば「おばさん」でもお母さんの女兄弟は「イモ」とよびお父さんの女兄弟は「コモ」とよび、お母さんの男兄弟の奥さんは「スンモ」と呼びます。

さらに「クノモニ」という呼び方もあって、これはお父さんにお兄さんがいればその長兄の奥さんに使われます。

さらに日本語でも使われる「ちょっと、そこのおばさん」のように血のつながっていない年配の女性は「アジュンマ」と呼びかけます。

このように、かなりややこしいのですがこれにおじさんや兄弟なんかが加わると本当に、頭がこんがらがってくるので親族の「おばさん」はみんな「アンティ」っていうことで私たち家族は乗り切っています。

Cat-family-F

Cat-Korea-F

Twitter-F


↑このページのトップヘ