日本に一時帰国するとついつい出かけてしまうのがホームセンターにドラッグストア。買いたいと思うものがいっぱいで見て歩くだけでもウキウキします。今日は私が日本のホームセンターやドラッグストアで買ってアメリカへ持って帰るものをご紹介したいと思います。
現在、夫をアメリカに残し
日本に一時帰国中

ということで優しい妻の私は夫に聞きました

何か買ってきて欲しいものは?

すると夫、即答

「ホームセンターコーナンの猫じゃらし」カシャぶんスーパーロングという商品名で500円程度のお安いものです

今まで安いものから高いものまで
いろいろな猫じゃらしを試してきましたが
これが一番うちのネコの心を捉えました

ただ問題は遊びすぎてすぐボロボロになること
まあ、納得のリクエストです

「他には?」「そば茶」

シブい、あまりにもシブい選択ですが
私も好きなそば茶
反対する理由はありません

「他には?」「ウニの瓶詰め」

またもやシブい選択
要冷蔵かもしれませんが
飛行機に乗っている時間くらいは
どうにかなるでしょう

「他には?」「かーこが帰ってきてくれたらいいよ」


「えっ そんな」ちょっとうれしい


「そろそろネコのトイレを掃除するの疲れてきたし、、、」

えっ、そんな理由?

ネコトイレの掃除は私の仕事と
誰がいつ決めたのでしょう


Bar-border-F

夫は基本的に物に執着がないので日本で買いたいものはあまりないのですが、メガネは安くて簡単に作ることができるので日本で作っています。

あとはアメリカでは手に入らない食料品関係、例えば無印良品の魚介系のパスタソースなども好きです。

今日は日本の食料品は少し横に置いておいて、日本のホームセンターやドラッグストアで私が買ってアメリカに持って帰りたいと思っているものをご紹介したいと思います。

一時帰国中ホームセンターで買いたいもの

トイレ置くだけ便座シート

前回、ホームセンターで見つけて試しに買ってみてとてもよかったのがトイレの便座に置くだけで吸着して使える便座カバー。

まず何がいいかって取り外しが簡単なこと。日本に住んでいるときに従来の便座カバーを使っていましたが付け外しがなかなか面倒臭かったです。

でもこれは便座にパッと貼るだけ、そしてスッととるだけです。

さらになんども洗って使えるのもいいです。うちは去年試しに一つ買って帰ったのですが、それは一週間に1度、洗濯ネットに入れてアメリカの強力な洗濯機で1年洗いましたが、それでも吸着部分はまだまだしっかりと使えています。

でも布地自体がボロボロになってきたので買い替え時期かなというところです。できるならば毎日交換したいくらいなので、今回7個購入して持って帰ります。

そしてどうしてこんなに便座カバーが欲しいのかというと、アメリカでは便座カバーは売られていないことが多いので。

トイレの便座の蓋のカバーや便座の周りに敷くトイレマットは簡単に見つかるのですが、便座カバーは本当に見つかりません。

でも日本のトイレに慣れた私。冬は寒いのでできれば便座カバーをかけてお尻を暖かくしたいところ。

ということで1年に一回の一時帰国に合わせて買い替えたいと思います。

結露対策グッズ

みなさん、お家の結露に困っていませんか。私は困っています。暖かい日はいいのですが寒い日には翌朝、ぼとぼとと滴り落ちるほどの結露で、床を守るのに毎日必死です。

毎朝、拭けども拭けども出てくる水滴、しかも床に水が入り込んで濡れるのでドライヤーで床を乾かしたりと大変です。

もちろん慌ててアメリカで対策グッズを色々と探したのですが、防カビ用のスプレーを見つけるのが精一杯。

それ以外のものは日本の商品と比べるとかなり見劣りします。ということで今回の日本一時帰国で結露対策グッズをどうしても買って帰りたかったのです。

本当に色々な種類があるので、これからみなさんのレビューをみていいものを買って帰りたいと思っています。

防虫剤

さて最後に日本へ一時帰国した際に必ずホームセンターで買うものがあります。それは無臭タイプの衣類の防虫剤。

アメリカのマンション、家が狭いこともあって夏と冬の衣替えは欠かせません。その際にやっぱり心配なので防虫剤をしっかり入れたいのです。

なので日本に帰ってきた時には、一年に2回の衣替えをするのに十分な防虫剤を買って帰るようにしています。

アメリカで探すと杉の木を使ったものがいっぱい出てきます。もちろん自然のもので可愛いので私も愛用していますが、それでも少し物足りないのも事実

ということで場所とモノによって杉材のものと日本の衣類の防虫剤と併用しています。

さらにアメリカに持っていた着物用に着物の防虫シートも1年に1回買って入れ替えています。

一時帰国中ドラッグストアで買いたいもの

馬油(ソンバーユ)

この日本でも大人気の馬油、本当に優れもので重宝しています。

もちろん寝る前に顔にしっかり塗って保湿クリームとしても使っていますが、それ以上にありがたいのが、料理をしていてちょっと火傷をした時。

指などのとても簡単な火傷にしっかり塗ると効果があるように思っています。

ということで自分用にも1年分買って帰るのですが、さらにもう1セット、1年分義母用にも買って帰ります。

というのもある時、このソンバーユを義母に一つ何気なくあげたらとてもお肌の調子がよかったらしく大絶賛。

その後、お義母さんの熱意に馬油ならと思って日系のスーパーで他の馬油のクリームを買って贈ってみたのですが、ソンバーユほど心に響かなかったようでした。

ということで自分用、義母用にしっかり買っていつも持って帰ります。

ちなみにこのソンバーユ、私の父も愛用していてガサガサになる足の裏に塗っているようです。

結構ベタベタした感じなので好き嫌いもあるかと思いますが、私たち家族には好評です。

無香料のヘアケア製品

次に一時帰国の際に必ず買って帰るのが無香料のヘアケア製品。ポイントは「無香料」というところ。

私はヘアワックスやヘアクリームを使うのですが、私の探し方が悪いのかアメリカではうまくハマる無香料のものが見つからないので日本で買って帰っています。

頭まわりは鼻に近いこともあって香料がしっかりと入っているものはとても気になってしまいます。

また香水を使う時に髪のワックスの匂いと混ざるのも嫌だと思うので無香料のものが欲しいのです。

これはアメリカで無香料で値段もお手頃なものを見つけることができたら日本で買わなくていいようになるかもしれませんが今のところしっくりくるものを見つけられていません。

ちなみに私が日本で買っているのは「ルシードエル」のシリーズのもの。その時の髪型と気分で気に入ったものを買っています。

アイブロウペンシル

もう一つ、日本で必ず買って帰るものにアイブロウペンシルがあります。

と言っても鉛筆型のものではなく、クルクルと回して鉛筆芯を出していくタイプのもの。

アメリカのドラッグストアではこのクルクルと回すタイプでさらにしっかりと小振りのものがあまり売っていように思うので日本で買って帰りたいところです。

これだとコンパクトで化粧ポーチに入れやすいし、芯を削る必要もありません。

さらに「プチプラ」が人気の日本のコスメティック市場。品質も良く安価なものがたくさんあります。

私はいつもKATE(ケイト)のものを買っていますが1本600円とお手頃価格、気に入って使っていますが他の商品も試してみたいところです。


さて好き勝手に私が日本で買って帰りたいものを書いてきました。これらの基本的な共通点はなかなかアメリカでは手に入らないけれど日本で安く手に入るもの。

最近はアメリカからも日本の商品を注文して購入することもできるのですが、私が日本から買って帰るものはそれほど高価なものでもないので、わざわざアメリカで高いお金を出して買うほどでもと思ってしまうのです。

さらにこれらの商品を買う予定にしていると自然に足を向けることになるホームセンターとドラッグストア。

結局はこれらのお店に出かけていろいろとみて回るのが楽しいのだと思っています。