これまでの海外生活で面白いなと思うのは国が変わるとスーパーのレジでの対応が違うということ。日本はレジ係さんもテキパキしていて袋詰めの台が別にあって合理的にできているなと思います。そんな国からアメリカにやってくるとスーパーでのお買い物にも戸惑うことが。今日はアメリカのスーパーでお買い物をするときに覚えておいたほうがいいことを紹介したいと思います。
アメリカの多くのスーパーで
使われているセルフレジ

最近は日本でも使われるようになってきました。

あまり並ばなくていいことが多いので
便利そうなのだけれど
でも私たち夫婦、限られた状況でしか
セルフレジを使いません。

まず、セルフレジの基本的な流れは

左側に支払い前の商品を置き左から右へと商品のバーコードを読み取らせて右側へ商品を置いて支払います。もちろん機械によっては右から左もあるでしょうが

さらに
メンバーカードを持っていたら
カードのバーコードも通し

さらに使用するスーパーのビニール袋(有料)の
枚数も入力します。

ざっとこんな感じでとても便利そうなのですが

でもこの機械
使い方によっては普通のレジより時間が
かかってしまうので
私たち夫婦は勝手なルールを決めています。

ルール1 買い物の量が多いとセルフレジは使わない 商品数が多いととりあえず面倒くさいし疲れる

そして
素人の私たちがのろのろとバーコードを通すよりも
プロのキャッシャーの方にやってもらうほうが
はるかに早いです。

ルール2 野菜や果物を買うときにセルフレジは使わない 量り売りのものにはバーコードがついていないのですごく面倒くさくて時間がかかるので

アメリカのスーパーの野菜や果物は
ほぼ量り売り

そうすると、レジのまえで桃を握って
これは「白桃」だったか「黄桃」だったか考えて

多くの野菜や果物の商品名がならぶリストから
当てはまる物を探さないといけません。
しかも英語で

この作業、とても大変で時間がかかります。

ルール3 「今日だけの特売」商品を買う時はセルフレジは使わない セルフレジが対応していないことがとっても多いので

ほんのちょっとの金額でわざわざ
アシスタントさんを呼ぶのも面倒くさくて
結局、そのままの金額を支払ったりも

そしてもやもやするのです。

さらに

ルール4 バーコードを通して右側に置いた商品は支払いが終わるまでさわらない

商品の重さをチェックして万引きを
防止しているのでしょうが

夫婦で買い物に行っていて
一人がバーコードを通している間に

もう一人がうっかり商品に触ったり
袋詰めを始めると

レジがブロックされてアシスタントさんを
呼ばないといけないはめになるので

ルール5 夫婦で買い物にでかけて相手がバーコードをスムーズに通せなくてもイラッとしない。「下手だな〜、ちょっとかしてみて」

と商品を横取りしたときに限って
自分もうまくバーコードは通せません。

これってセルフレジあるある?


Bar-border-F

 アメリカのスーパー:こんなことも覚えておくといいよ

カートやエコバッグのままで買い物

もしご自分のショッピングカートやエコバッグを持ってお買い物に行かれるなら、スーパーのショッピングカートやかごを使わずに、自分のカートやエコバッグに商品を入れてレジで商品を出して支払っても大丈夫です。

自分の通勤バッグなどだとさすがに問題があるでしょうが、私は中が見えるカートと空のエコバッグを使いレジで商品を並べたあと、それとなく空ですよって見せてレジの逆側で同じカートとエコバッグに商品をいれています。

ただこれはそのスーパーのやり方や地域の風習もあるので、最初、何回か出かけて様子をみてから実行されるのをおすすめします。

また使用するエコバッグは別のスーパーの物でも大丈夫。私が日常でかけるスーパーは「セーフウェィ」ですが、「トレーダージョーズ」のエコバッグのほうが大きく丈夫なのでこちらをどこでも使っています。

もう一つ、日常生活で便利だなと思っているのは、お出かけバッグに必ずとても小さな折りたたみのエコバッグを入れておくこと

買い物するつもりはなかったのに、出かけた帰り道にちょっとスーパーに寄ることが結構あるので。

もちろんスーパーのビニール袋、有料といっても本当にたいした金額ではないのですが、でもやっぱりお金を払うのはなんだかくやしいので。

アメリカは袋詰めしてくれるの?

この質問を20年前、私が初めてアメリカ生活をしたころに聞かれたなら答えは「Yes」でも最近はちょっと微妙です。

第一の見極めポイントはレジにキャッシャーとは別に袋詰め担当の人がいるかどうか。もしいるなら確実に袋詰めしてくれますし余計な手出しは迷惑がられます。

そしてその担当者がそのレジ専属でとても量が多ければチップを渡すことも。

もし袋詰め係の人がいなくても多くの場合、買い物客が精算している間にキャッシャーが袋につめてくれます。多分、これが一番主流な感じかな。

そして第二の見極めポイントはエコバッグや自分のカートを持っているかどうか。エコバッグや自分のカートを持って来ているお客さんの場合、私の行っているスーパーではほぼ、買い物客がささっと自分で入れています。

でも自分で詰めないといけないわけではなく、エコバッグを差し出すともちろんキャッシャーさんが入れてくれます。

もちろんそのスーパーの雰囲気なんかにもとても左右されるので、ちょっと様子をみてご自分の快適な方法を探してみてくださいね。

お酒を買うときはIDを忘れずに

アメリカでの飲酒の年齢制限はとても厳しいです。ご自分の年齢に関わらず、スーパーでお酒を買うときは念のためID(身分証明書)を持って行きましょう。

くどいようですがご自分の年齢はよっぽどのお年寄りでない限り関係ないと思われた方がいいです。

40歳を遥か昔に通過した私たち夫婦、夫はもう半分とは言わないまでも結構いい白髪頭です。でもお酒を買うとき、ほぼいつも身分証明書を見せるようにと言われます。

最初、レジで「身分証明書」って言われたとき、この年でこんなことを聞かれるとは思っていなかったので、何を言われているのかとっさに分かりませんでした。

なので三十代以上の方でもアメリカで酒を買われる方は「身分証明書」と心の準備を。

キャッシュバックってなに?

私が最初、アメリカのレジで一番わけがわからなかったのがこの「キャッシュバック」。レジでアメリカのデビットカードで支払おうとすると、支払い画面で「キャッシュバックしますか」と聞いてきます。

もしここで「いいえ」を押すと通常の支払いになるのですが、「はい」を選ぶとお金が引き出せるのです。

もし100ドルの商品を購入して、このキャッシュバックの画面で金額「20ドル」を選ぶと、キャッシャーが現金20ドルをくれて、そのかわりにカードには120ドルがチャージされるというシステムです。

私は現金をほぼ使わないので、この便利なシステムも使う事はありませんが、銀行に行くのが面倒くさい方は是非

 メンバーカードを作ろう

アメリカのスーパーやドラッグストアーはメンバーカードを持っているのといないのとでは商品の価格が大きく変わることがあります。

私がこれまでよく買い物をしているスーパー「セーフウェィ」や「ハリスティーター」。よく見るとメンバー価格とそれ以外の人用の価格といった値札がついている商品がたくさんあります。あと、メンバーだったら1個買ったらもう1個おまけなんて商品も。

スーパーで買い物をした後、レシートを見るとレシートの下の方にメンバーカードを使ったのでどれだけ割引されたかが表示されていて、私は多いとき120ドルくらい買って20ドルくらい割引されています。もちろんそういう商品を買っているからというのもあるのですが。

これは「ウォルグリーン」や「ライトエイド」「CVS」といったドラグストアでも同じような感じです。

なのでいろいろなところでメンバーカードを作って持ち歩くことになりますが、あまりにも枚数が多くなるので、普段行くお店以外のものは家に置いておくことに。

いつも「ウォルグリーン」なのに今日に限って「ライトエイド」、そして「ライトエイド」のカードは家に置いたままなんてことで「キ〜 くやしい」ってなります。

ただ多くの場合、カードがなくても電話番号を言うと登録を確認してくれてメンバー価格が適応されて大丈夫なので、最初は少し面倒くさく感じますが是非カードを作ってみてください。

↑このページのトップヘ