子どもがいない私たち。ということで週末に夫婦で一緒に楽しむ事のできる趣味を探し続けているのですがなかなかうまくいきません。というのも私が運動音痴ってのもあって、、、今日は夫婦で共通の趣味があったらなかったらっていうお話です。

 絵日記:運動音痴の妻をもつと

遠距離結婚に終止符をうち
一緒に住み始めてから
夫婦でできる趣味を探し始めました。

030-F1

さらに

030-F2

結構続きましたが
テニスと呼べるようなものでは
ありませんでした。

030-F3

あまりにひどいので

030-F4

そんな事が続いたある日

030-F5

想像するに茂みのボール探しは
なかなかつらかったのでしょう。

Cat-couple-F2


Bar-border-F

これ以降、残念ながらまだ共通の趣味をみつけられていません。今は都心に引っ越してしまったのでますますテニスが出来なくなってしまいました。私はまだまだやる気十分なのに。

 夫婦でこんな趣味はいかが

夫婦で共通の趣味があることは夫婦の良好な関係のためにも大切ですよという記事をたまにみかけます。それはまさしくその通りだと思います。でははたしてどんな趣味がいいのでしょうか。いろいろと考えてみたのですが、、、

体を動かしてみる
テニスやゴルフはわりと年をとってからも一緒にできるのでいいですよね。私たちはうまくいかなかったけれど、私はまだ諦めていません。

私の両親は子育てが終わってから二人でよくハイキングや登山にでかけていました。美しい景色も楽しめ健康にもとてもいいのでこんな趣味があったらいいなと思うのですが、私たちの場合、これはすぐに息がきれる夫はほぼ確実に楽しめません。

同じ理由でジョギングも厳しいかもしれません。私は結構、好きなんだけどな。

初期費用がかかりますがそして季節は限られますがスキューバーやスキーを楽しむ友人夫婦もいます。ジムに一緒に出かける夫婦、ダンスを楽しむ夫婦、こういった趣味はやはり健康面から考えてもいいなと思います。

うちの近所にヨガスクールがあるので夫が「行ってみれば」と勧めてくれるのですが、自分はまったく興味がないようなのでやっぱり共通の趣味にはなりそうにありません。

う〜ん、こうやって考えてみるといろいろあるけれど私たち夫婦にしっくりくるもの選ぶのはなかなか大変です。

じっくり座ってみる
さて運動以外にもいろいろな趣味の世界があります。まず思いつくのは映画やドラマ鑑賞。

私と夫の場合は見たいものがかなり違うので共通の趣味というレベルではありませんが、どちらもが好きな映画やドラマ、テレビ番組はできるだけ一緒に見るようにしています。

いまや映画やドラマは好きな時にひとりで見ることができますが、あえて映画館に一緒に出かけたり、時間を決めて一緒に見てもいいかもしれませんね。

さてさらにじっくり座ってできるものとしてゲームはいかがでしょうか。オンラインゲームやポケモンGO(座ってないけれど)、プレイステーションといったゲーム機で遊ぶタイプなど夫婦で遊べるものはたくさんあります。

またもっと古典的なもので将棋や囲碁、オセロ、チェスをしてみてもいいかもしれません。

実は私たち夫婦も最近、1週間に一回、英単語を作って遊ぶ「スクラブル」という古いボードゲームを楽しんでいます。というのも土曜日が近所のカフェの「ゲームの日」でボードゲームを貸してくれるので。

最初は「えっ」って思ったのだけれどやり始めると楽しくてはまります。家でやれといわれればちょっと厳しいかもしれませんが、カフェへ出かけてというのがいいのかもしれません。

いつかは「旅行」を趣味に
一番、共通の趣味となりそうなものは夫も私も大好きな「旅行」なのですが、これを趣味のレベルまで高めるにはそれなりに時間とお金がかかります。

しかし無理のない程度でたまに夫婦で出かけ、同じものを見て同じものを楽しむのはとても素敵ですよね。

夫が完全引退してからゆっくりローカル電車の旅とかしてみたいねなんて言っていますが、旅行を趣味にするにはお金と時間以上に体力と好奇心が必要。いつまでも体も気持ちも健康でそして夫婦仲もよくないと。

 共通の趣味がなくてもいいじゃない

夫婦で共通の趣味があればいいですが、もし2人揃って好きなものがなければ無理をして共通の趣味をつくる必要はないと思います。

どちらかが無理をして相手にあわせて一緒に何かをやっても仕方がないし。私たち夫婦もあまり一緒に楽しめるものがないので共通の趣味というと大変なのですが、それでも心がけていることがいくつかあります。

一緒の空間で時間を過ごす
夫は実はひっそりと毎日空いてる時間を見つけて小説を書いています。私はこのようにブログを書いているので、これが私たちの今のところの趣味です。

お互い相手が何を書いているのか全く知らないのですが、それでも同じ部屋で作業をしています。なんとなく同じタイミングで休憩をとってたまにひとことふたこと言葉を交わします。

例えばカフェにでかけても1人が本を読んでいる間、もう1人がスマホでゲームをしているのもいいでしょう。

全く違うことをしているのだけれど、同じ空間を共有しているだけでもなんとなく一緒になにかをしているような気分になってくるのでそれはそれでいいのではないかと思っています。

相手の趣味にケチをつけない
私がまったく何もせずに夫とも出かけずに毎日ブログを書いていたら夫も不満だろうし、私も夫が全くかまってくれなければイライラすると思います。

趣味の時間配分でけんかすることは仕方がないなと思うし、夫婦一緒になにかをする時間とそれぞれが趣味に没頭する時間のちょうどいい配分は夫婦で話し合ったりけんかをすることで決まっていくのかなとも思います。

でもその際に相手の時間の使い方に文句を言ってもできるだけ相手の趣味にケチをつけないようにするのがいいかなって思っています。よほど反社会的なものでなければ相手の趣味にはそれなりの敬意を払いたいなと思うので。

そしてカフェの例をもう一度使うなら、カフェにでかけたらそれぞれが別々に本を読む時間もあれば、一緒におしゃべりをする時間もあったらいいなって思うのですがどうでしょう。

ほんの少しの興味を示す
そして、共通の趣味がなくても相手のやっていることに全く興味がなくても、ほんの少しだけ興味を示す、または興味のあるふりをしてみるのがいいように思います。

「読んでる本、どんな話なの?」とか「今、どのくらいのステージなの?」、これも難しいようなら「本読むの早いね」とか「ゲームしている時、楽しそうだね」といったたった一言の声かけで「別々に何かしている感じ」が違うのではないでしょうか。

この声かけの時の声のトーンは大切だと思いますが、念のため。

夫婦で同じ趣味を楽しむにしても夫婦別々の趣味を楽しむにしても、結局のところは相手を尊重しようということでしょうか。でもこういうのは分かっていても実行するのが難しいので、、、頑張ります。

Twitter-F

↑このページのトップヘ