義妹に連れて行ってもらったアリゾナ州にある大きなアウトレット。いろいろな高級店がずらりとならびます。そんななかで私の心をとらえたものとは臭い消しに効果があるというとあるキッチン雑貨なのですが、、、私が買って満足したキッチン雑貨、残念だったキッチン雑貨もあわせてご紹介しています。

アリゾナ州に住んでいる義妹家族のところへ
遊びに行ったときに近くにある
アウトレットへ連れて行ってもらいました。

いろいろな有名店がずらり並んでいます。

ぷらぷらと歩きながら
ウインドウショッピングを楽しんでいると、
目に飛び込んで来たのはキッチン用品のお店

キッチン用品のお店って本当に見ているだけで楽しいよね。

このお店で私の心をギュッと
わしづかみしたのが、、、

前から欲しかった「ステンレスソープ」

ただのステンレスの固まりなのだけれど、
タマネギやニンニクを切ったあと
 
この固まりに手をこすって洗うと
あら不思議、においが消えるというものです。

私はよくニンニクやタマネギ料理をするので手からほのから漂うニンニク臭を簡単にとる方法はないものかとおもっていたのです。

このステンレスソープで
もうニンニクくさい手ともおさらばです。

ということで

夫と義妹の「アウトレットにやってきてわけのわからないものを見つけてなぜ喜んでいるのか?」という冷ややかな視線もものともせず 即、購入(2ドル・約220円)

家に帰って早速、使ってみました。
確かに効果はあったような気がします。

ただ、この石けん、ずぼらな私の性格では
いつも使い続けることが難しく

いつのまにか存在が忘れられ、、、

結果 ステンレスソープとはニンニク料理をした翌日、洗顔をする際にふと思い出される銀色の固形物 BYかーこ

 ごめんよ、ステンレスソープ
 

Bar-border-F

私は買い物をする時は一人でじっくり見たいタイプなので、そしてしっかり気に入って納得しないとなかなか買わないのでショッピングがあまり好きでない夫と一緒のときには、一目惚れしない限りとても時間がかかるのであまり買い物をしないようにしています。

また、一人のときも見ているだけである程度、満足してしまい手にとってもレジに行くぎりぎりになってやめてしまうこともよくあります。

今回のステンレスソープはアマゾンで見ていてとても気になっていてでも結局、購入には踏み切れなかったのです。それが、今回のアウトレットでまさしく一目惚れだったのにうまくいかないものです。 っていうか、アマゾンで見ていた時も「買っても使わないかもな」って思ってたからポチっとしなかったわけで、、、

ただ念のために付け加えておくと、本来の役割をちゃんと果たしているしステンレスソープは悪くないのです。悪いのはずぼらな私で。

 買って良かったキッチン雑貨

さて最近のキッチン雑貨、工夫をこらしたものがいろいろと出ていますし日本なら100円ショップでも安くておもしろいものが購入できます。今日は私が買って良かったと思っているキッチン用品と少し後悔しているキッチン用品を3つご紹介したいと思います。まず買ってよかった商品から。

卵の穴開け器
ラーメンやサラダ、さらに韓国のスナック料理トッポギを作るときに半熟ゆで卵をよく使います。でもほんとうにイライラとするのが卵の殻が白身にくっついてなかなかはがれないこと。卵はぼろぼろになるし殻がとれずにキ〜ってなります。卵をゆでたすぐ後に氷水につけたりといろいろ試してみたのですがいまいちすっきりとむけません。

そんなとき日本のスーパーで見つけた卵の穴開け器。しくみは簡単で卵のお尻をくぼみに置いて上からそっと押すと下から針がでてきて卵のお尻に小さな穴が開きます。

まずこうして穴をあけ、そのあと普通に卵をゆでます。私はこの後、卵をすぐに氷水にとってしばらく冷やしていますが、そうするといままでの苦労はいったいなんだったんだっていうくらいつるんと殻がむけます。ほんとうに買ってよかった商品のひとつです。

ニンニク絞り器
ニンニクつぶし器、ガーリックプレス、ガーリッククラッシャーなどとも呼ばれているもので、絞り機に入れて片手で絞り器のハンドルをギュっと握りしめると小さな穴から押しつぶされたニンニクがギュっとでてきます。私は10年以上前にイケヤで買ったのですが、今でも毎日のようにつかっています。

ニンニクを買ったときに1個まるまる皮をむいてしまって小さな容器にいれて冷蔵庫に入れてあり「ニンニクのみじん切り」が必要なときにこの絞り器でギュっとするととても簡単です。

ちなみに「おろしニンニク」が必要なときもこのニンニク絞り器を使っていますが、もっとしっかりつぶしたニンニクが欲しいときは、私は石でできた小さな料理用の乳鉢ですりつぶしています。

シリコンの油引き
出し巻き卵やたこ焼きをつくるときに使う油引き。以前は普通の先端部分が糸や布のような物を使っていましたが、すぐにべたべたになるしきれいに洗えるものでもないし、結局いやになってお皿に油をいれて折り畳んだキッチンペーパーをつかって油を塗っていました。

そんなことをしているときに日本の100円ショップでシリコン製の油引きを見つけたのであまり期待せずに買ってみました。これが思ったよりも活躍しています。やっぱり一番うれしいのが使ったあとにそのまま食洗機にいれて洗えること。

私は毎回、だいたい使う分の油を入れて使う度に洗っています。そうすると次回新しい油引きですっきり気分で使えるので満足しています。

欠点を強いて挙げるならば、私が使っているとても安い物はあまりうまく油を出す量が調節できないこと、そして私の場合、一回使うごとに洗っているので、量を間違えると油引きにいれた油を使いきれないことくらいかな。

 買って失敗したキッチン雑貨

お魚型マグネット式簡易包丁研ぎ器
500円くらいの小さなものでデザインがとてもかわいくて気に入って買いました。形としては垂直V字になっているところへ包丁の刃を入れて引いて研ぐものです。研いで一回目だけはなんとなく切れるようになった気がするのですがそれでも驚くほどの研ぎ味になるわけでもないのでいまいち使いきれていません。私の包丁が悪いのかな? とても小さくて場所をとらないのはいいのだけれど。

ドレッシング用ミニ泡立て器
長さ20センチくらいのとても小さなものでほんとうにかわいい! そのかわいさにホロホロっとなり買ってしまいましたが料理中のバタバタしているときにドレッシングを作っているとこの泡立て器を使うこともないまま、計量スプーンでガーとかき混ぜてしまいます。ということでこのミニ泡立て器がなかなか登場しません。もうちょっと心に余裕をもって料理をするとちゃんと使えるのかな。

シリコン製ニンニク皮むき器
これも日本の100円ショップで売られている物で、筒状になっていてそのなかにニンニクをいれて手のひらでコロコロころがしているとニンニクの皮がスルッとむけるというもの。いつもニンニクの薄皮がなかなかとれなくてイライラしていたのでこの商品で解決だと思って意気込んで買いました。がいまいち皮がすっきりととれないのでどうしたものかと、、、

その後いろいろとしらべてみると、ニンニクの両端をキチンと切り落としてからコロコロしないとうまくむけないと判明。私はお尻側は切り落としていたけれど頭側を切り落としていなかったことに気付き再挑戦。今度はスルッとうまく向けたのですがそれでも私はなかなか使えていません。

というのもコロコロしている際にでるキュッキュッという音と手のひらの感覚がどうしても苦手だから。私だけかもしれませんがゴム風船を触ったときにでるキュッキュッという音が苦手な方はちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

それにしても毎回、日本に帰ってスーパーや100円ショップに出かけて思うのが、いろいろと工夫されたおもしろい商品が売られていること。デザインもかわいくお値段もお手頃で毎回、いろんなものを買ったり買いそうになったりしています。アメリカもロサンゼルスなどには日本の100円ショップがあるそうですがワシントンにもこないかな。

↑このページのトップヘ