昔は好きじゃなかったり食べられなかったものが、生活環境が変わると食べられるようになったものってありませんか? 私はフランス生活中に好きなったものがいくつかあって、、、

フランスで生活する前には苦手だったのに
フランスで長らく生活する間に
大好きになったものがいくつかあります

フランスで覚えたものその1:ワイン 今はワインのことを考えただけで唾が出るくらい大好き

フランスで生活する前は
全くワインに興味がありませんでした

美味しいとも思わなかったのに
不思議です

フランスで覚えたものその2:コーヒー 今はどんな状況でも、ご飯の後はコーヒーが飲みたくなります

以前は「絶対、紅茶派」

コーヒーを口にすることさえ
ありませんでした

フランスで覚えたものその3:チーズ フランス生活最初のころ 友人宅「ヤギのチーズソーススパゲッティできたよ!」「無理、絶対無理」

でも、何年か経つと

「あ〜、久しぶりにヤギのチーズ食べたいな」ってなっていました なんでだろ?


ちなみに最初は「人間の食べるものではない」と思っていたブルーチーズ(青カビチーズ)も今は大好き

日本一時帰国中も
どうしても食べたくなって
ブルーチーズを冷蔵庫に入れていると

日本の家族、大騒ぎ「なに、この変な臭いの物質は?」

まあ、そうなるわな

でも不思議なことに、夫はたまに登場するヤギのチーズやブルーチーズの料理も文句を言わずに食べています


まあ、これが夫婦円満の秘訣、、、かも?

食事、夫婦で合わないものも
たくさんあるんだけれど

これだけは、珍しく

それとも夫が「いや」って言えないだけ?