夫婦生活も長くなってくるとだんだんと話こともなくなってきて新鮮味も薄れてきます。さらに私たち夫婦には子どもがいないのでそれぞれ好き勝手に生きています。そうすると夫婦での連携をしっかり持つことの意義も曖昧になってくるのかもしれません。そこで今日は私たちが夫婦のつながりの新鮮味を保つために試みていることをご紹介したいと思います。
私たち夫婦は子どもがいないこともあって
夫が仕事がお休みの週末は
お互い、好き勝手なことをしています。

あまり私の好みではない音楽を聴きながら趣味の小説を書いている夫


日本の番組を見ながらブログを書いている私

同じ部屋でずっと一緒にいますが
あまり会話をすることはありません。

それではさすがにあんまりなので

週末、一度は一緒にカフェに出かけます。

ここでは暗黙の了解で
二人ともスマートフォンをみるのはやめます。

それでも話すことが
たくさんあるわけでもないので

こんな感じです シーン

まだ結婚10年目なのに
まるで金婚式を迎えた夫婦のような
この状態

いいの、これで? 本当にいいの? いいんじゃない いいと思うよ

まあ、何にもないのが
幸せってことなのかしら

答えは10年後に!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
子どもがいると子どもたちが巣立った結婚20年目くらいに夫婦お互いが向き合うことになるのかなとも思いますが、子どもがいない私たち。いつも二人きりで生活をすることになります。

可愛いネコたちが二匹いますが、それでも心がけていないと生活が単調でマンネリ化するので、たまに生活に刺激を与えるためにやっていることをご紹介したいと思います。

最近マンネリ気味かなと思ったらできること

最強のカンフル剤となる旅行

やっぱり日常から離れる旅行は最強です。普段は部屋でそれぞれ好き勝手なことをして好き勝手なものを観ていても一緒に旅行に出るとどうしてもお互いに向き合うことになります。

一緒にどの観光地を訪れるのか何を食べたいのかどこで食べるのか、一緒に話し合って決めることはいっぱいあります。

さらに楽しいこと感動することを共有できるので旅行中、そして旅行から帰ってくると、ほんの少し恋人感が増した気分になるかもしれません。

ただし慣れない旅先だったり旅行中に多くのことを決めないといけなかったりすると旅行中のストレスも高まります。そうすると喧嘩することになってしまうかもしれないので、なるだけリラックスできる旅行がおすすめです。

近場の温泉なんていいのかもしれませんね。

週末に1時間だけ時間をとってカフェへ

もちろん旅行へ出かける時間や経済的余裕があればいいのですが、そうでなくても一週間に一度、ほんの少し外出するだけでもいい気分転換でマンネリな日々のムードを少し変えることができるかもしれません。

私たちがよくするのは休日の午後に近所のカフェに出かけること。近所に何軒かお気に入りのカフェがあって、その時の気分やお天気ですぐ近所か少し散歩をして出かけるかを決めます。

お互いコーヒーを一杯、そして気分でケーキも頼んでこの間は携帯を横に置いて二人でまったりします。

話をしてもしなくてもいいのですが、とりあえず二人で一緒に外出し向き合う時間を作るということで家での好き勝手な生活状態から一時的に脱出し夫婦の時間をとるようにしています。

二人でカラオケでストレス発散

私たちは近所にカラオケもないし夫はあまりカラオケが好きではないのでこの方法は私は実践できていませんが、カラオケがすぐそばにあって歌好きのパートナーがいるならやってみてはいかがでしょうか。

一人でカラオケで歌を歌っても十分素敵なストレス発散になるのですが、これを夫婦でやるのはなかなか楽しいと思います。

カラオケボックスの密室で夫婦二人でそれぞれ好きな歌を歌いまくるというのは二人の距離をグッと縮め、さらに楽しく盛り上がってスッキリするのでいい気晴らしになります。。

しかも歌を選んで歌うというのはそれなりに少し恥ずかしいこと。これを夫婦二人でたまにやるのはいいかもしれません。

わざわざ映画館に出かけて映画を見よう

今の世の中、映画をみようと思うとわざわざ出かけることもなく家のテレビでのんびりと観ることができます。

でもこんな世の中だからわざわざ夫婦揃って映画館へ出かけてみるのはどうでしょう。

最近の映画館はとても快適にできています。夫婦で見たい映画を選んで映画館へ出かけ、ゆったりとした映画館の椅子で映画を見て、ご飯を食べながら見た映画の感想を話し合う、、、

まるで若い頃のデートに戻ったようではありませんか。

私たちは映画はほとんど自宅で見てあまり映画館に出かけませんが、たまに出かけるとそれなりに気持ちが高まりわざわざ出かけてよかったと思います。 

手をつないで歩いてみよう

さて最後にご提案したいのは夫婦で手をつないで歩いてみること。もちろん日本でこれはかなりハードルが高いのはわかるので、もしできるならというところですが。

手をつなぐというのは本当に些細なことなのですがやはり気持ち的にとても違うような気がします。

もちろんいつも手をつないでいる必要はないのだけれど、何かの時にちょっと手をつないでみて新婚のころのときめきを思い出してみるのはどうでしょうか。 

話すことが無くなった時に盛り上がる話題

さて旅行に出かけてもカフェに出かけてもあまりに何も話をしないで座っているわけにはいきません。

けれど夫婦生活も長いと話すこともなくなってきます。私たち夫婦は仕事の話もあまり相手に話してきませんでしたし口数が多い方でもないのであんまり積極的に話すわけでもありません。

それでも二人で話していてとても盛り上がる話題があるのでそれをご紹介したいと思います。

楽しい老後の計画を立てる

子どもがいないこともあって私たち夫婦は少し早い目の完全リタイアを考えています。

そこでリタイア後の生活についての話が、今のところ二人で話をしていて一番盛り上がる話題です。

引退したらどこへ住もうか? 引退したら何をしようか? もちろん実現するかどうかは問題ではありません。

引退してもそのままずっとここで住み続けるかもしれませんが夢をみるのは自由なので、引退したらあの国に住もうか、それともあの国に住もうかと話し合っています。

この年になっても二人で将来の夢を話し合うのはやっぱり楽しくいつもかなり盛り上がります。

相手が今夢中になっているものに興味を示す

もちろん相手が夢中になっているものに私が興味があるわけではありません。また私が興味のあるものに夫が興味があるわけでもありません。

けれどせっかくカフェでコーヒーを飲みながら顔を付き合わせているのだから、相手が今、興味を持ってやっていることに耳を傾けてみてはどうでしょう。

話をする方はとても気持ちよく話をすることができるだろうし、聞いている方はパートナーについて何か新しい発見ができるかもしれません。

また聞いてもらった方は嬉しい気持ちになるし何かを夫婦で共有した気持ちになるかもしれません。

昔一緒に失敗をし苦労した話で笑う

一緒に長らく生活しているとそれなりに夫婦で一緒に経験した大変なことや苦労話があります。その時はとても大変でも後になってみると笑える話もあるのではないでしょうか。

私たちの場合、やはり途上国での生活でいろいろとありました。でもそこでの経験を夫婦二人で思い出してみると懐かしさも加わっていい話題になります。

また旅行先での失敗談、遠距離中の苦労話など二人しか知らない話、二人で頑張った話などで夫婦の結束力もほのかに蘇ってくるのでなかなか楽しく会話できるかもしれません。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
いろいろと書いてきましたがもちろんそれぞれの夫婦にはそれぞれ快適な形があり私たち夫婦が使っている方法が通用しないケースもたくさんあるのではないかと思います。

それでも何かのご参考になれば幸いです。