国際結婚

「国際結婚あるある」なのですが、日本で若い頃に楽しんだ音楽や映像作品の良さをなかなか外国人夫にわかってもらえないことってありませんか。今日はどうして夫と一緒に楽しめないのか、それでもどうやって二人で昔の作品を楽しんでいるのかご紹介したいと思います。続きを読む

あなたはクリスマスプレゼントが欲しいですか? 私はとても勝手で失礼な言い方ですが「自分の欲しいもの以外はいらない」です。さて、そんな気持ちでこれまで試行錯誤してきた義家族へのクリスマスのプレゼント選び、今日は私のたどり着いた結論をご紹介したいと思います。続きを読む

私と夫は出会ったときから別の国に住んでいたので遠距離を避けることができませんでした。結婚後も私が生活を変える踏ん切りがなかなかつかずにだらだらと遠距離生活を続けていました。なんとなく成り行きで毎日スカイプで連絡を取り合っていたのだけれど遠距離が長くなってくると話すこともなくなってくるので、、、続きを読む

さて以前の絵日記で書いたように私の場合、2年の条件付グリーンカードは時間はかかりましたがあまり問題もなくとれました。しかし2年の期限が切れる前にこの「2年の条件」を外し10年のカードをもらうための手続きを始めなければなりません。これが本当に大変で、、、続きを読む

夫はアメリカ軍で20数年働いていました。私は夫と結婚したことでいままで全く知らない軍人の世界をかいまみることになったのですが、驚くことがいっぱいありました。軍の階級もその一つ。今日は有名なアメリカ映画の登場人物の階級とともに、基地内の様子も少しお届けしたいと思います。続きを読む

他の国際結婚の夫婦をみてうらやましく思うのは、外国人の奥さんや旦那さんが日本の文化が好きだったり日本語が話せたりする場合。また結婚してから勉強される場合もあります。うちの夫はほぼ日本に興味がないのですが、まあそれはそれでいいかと思っていたのですが、、、続きを読む

今の日本の法律では結婚をしたら夫婦は同じ苗字を名乗らないといけないそうです。しかし例外があってそれが国際結婚の場合。国際結婚した日本人は旧姓をそのまま使うこともできるのですが、目の前に選択肢があると自分でどうするか決定しないといけません。私の場合、、、 続きを読む

結婚をされたことのあるみなさん、どんなプロポーズでしたか? 未婚のみなさん、理想のプロポーズってありますか? シンプルなものからおおがかりなまでいろいろあるのでしょう。また今の時代、女性からのプロポーズもいいのかもしれません。どちらにしても一生にそんなにあることではないプロポーズ。どんな感じがお好きですか。続きを読む

1990年のとても古い映画で申し訳ないのだけれどフランスが誇る俳優、ジェラール・ドパルデューが出ているアメリカ映画「グリーン・カード」。ご存知ですか? この映画を見ていた私はアメリカ大使館で行われたアメリカの移民ビザのための面接にドキドキして向かったのですが、、、続きを読む

↑このページのトップヘ