2018年10月

夫はアメリカ軍で20数年働いていました。私は夫と結婚したことでいままで全く知らない軍人の世界をかいまみることになったのですが、驚くことがいっぱいありました。軍の階級もその一つ。今日は有名なアメリカ映画の登場人物の階級とともに、基地内の様子も少しお届けしたいと思います。続きを読む

海外生活をはじめたころ、とてもとまどったのがボディタッチたっぷりの挨拶。ビジネスでの握手は問題ないのですが、親しくなってくるとそれだけではすみません。特にフランスは「ビズ」の国。今日はこの国で私が習得した「キスの挨拶」の仕方をご紹介したいと思います。続きを読む

「子はかすがい」と言いますが、逆に子育ての大変さが夫婦のいさかいを引き起こすこともあるでしょう。私たち夫婦には子どもがいないのでピンとはこないのですがそれでもネコの食事でもめることがあります。今日はネコが口にしたら危険な食物、植物もあわせて紹介しています。続きを読む

他の国際結婚の夫婦をみてうらやましく思うのは、外国人の奥さんや旦那さんが日本の文化が好きだったり日本語が話せたりする場合。また結婚してから勉強される場合もあります。うちの夫はほぼ日本に興味がないのですが、まあそれはそれでいいかと思っていたのですが、、、続きを読む

アメリカ在住の方々に不評なもののひとつがこちらの高額な医療費、そしてややこしい医療保険。日本の単純明快な医療制度に慣れていると「ワ〜」って叫びたくなります。今日はアメリカで高額な医療費の請求書を受け取ったら鵜呑みにして支払うなというお話も書いています。 続きを読む

迷信をがっつり信じているわけではないのですが、それでも私は小心者なので「避けた方がいいこと」は避けるようにしています。ということで引越しをしたときにそれなりに気にしたのが「風水」。もちろん専門的なきっちりした風水はできないのですが自分の気分をよくするために。今日は私のなんちゃって風水体験記です。続きを読む

今の日本の法律では結婚をしたら夫婦は同じ苗字を名乗らないといけないそうです。しかし例外があってそれが国際結婚の場合。国際結婚した日本人は旧姓をそのまま使うこともできるのですが、目の前に選択肢があると自分でどうするか決定しないといけません。私の場合、、、 続きを読む

私は結婚式に招待してもらうのが大好きです。みんな幸せそうだし花嫁は輝いているし。ドレスも不思議とご本人のイメージとぴったりで花嫁衣装を見るだけでも楽しいものです。しかし国が変われば結婚式の様子も変わるもの。今日はフランスの結婚式の経験談を書いてみたいと思います。続きを読む

↑このページのトップヘ