迷信をがっつり信じているわけではないのですが、それでも私は小心者なので「避けた方がいいこと」は避けるようにしています。ということで引越しをしたときにそれなりに気にしたのが「風水」。もちろん専門的なきっちりした風水はできないのですが自分の気分をよくするために。今日は私のなんちゃって風水体験記です。

今の日本の法律では結婚をしたら夫婦は同じ苗字を名乗らないといけないそうです。しかし例外があってそれが国際結婚の場合。国際結婚した日本人は旧姓をそのまま使うこともできるのですが、目の前に選択肢があると自分でどうするか決定しないといけません。私の場合、、、 

私は結婚式に招待してもらうのが大好きです。みんな幸せそうだし花嫁は輝いているし。ドレスも不思議とご本人のイメージとぴったりで花嫁衣装を見るだけでも楽しいものです。しかし国が変われば結婚式の様子も変わるもの。今日はフランスの結婚式の経験談を書いてみたいと思います。

海外生活をする日本の皆さんが避けて通れないもののひとつに、家の中の靴問題があるのではないでしょうか。最初から欧米風に靴をはいたままの家庭は何の問題もないのでしょうが、我が家のように家の中を土足厳禁にしていると靴を脱ぐ文化のないお客様がこられると困った事になりませんか? 今日は我が家の靴の収納方法も写真付で紹介しています。

結婚をされたことのあるみなさん、どんなプロポーズでしたか? 未婚のみなさん、理想のプロポーズってありますか? シンプルなものからおおがかりなまでいろいろあるのでしょう。また今の時代、女性からのプロポーズもいいのかもしれません。どちらにしても一生にそんなにあることではないプロポーズ。どんな感じがお好きですか。

英語でとてもやっかいだなと思うのは数字を使わないといけないとき。「百」や「千」くらいは何とかなっても「万」や「億」と数字が大きくなってくると頭のなかで大混乱がおこりませんか。さらにこれが金額になるともうパニックに。今日は私が使っている変換方法も絵日記の後に紹介しています。

災害は忘れたときにやってくるもの。突然の火災警報に慌てふためいたのですが、一番の問題は逃げ惑うネコたちと一緒にどのように避難するのかということ。夫が家にいない時ならほんとうに大変です。今日は私たちがどのようにネコを捕まえてどのようなキャリーに入れて逃げる予定なのかもあわせてご紹介したいと思います。

途上国に住んでいたころ、とても恐ろしい経験をしました。治安やインフラの悪さが原因ではありません。問題は立て付けの悪い隙間だらけの家。いろんな虫が日々、登場しました。雨上がりの虫は日本でも起こるそうなのでみなさんご注意を!

1990年のとても古い映画で申し訳ないのだけれどフランスが誇る俳優、ジェラール・ドパルデューが出ているアメリカ映画「グリーン・カード」。ご存知ですか? この映画を見ていた私はアメリカ大使館で行われたアメリカの移民ビザのための面接にドキドキして向かったのですが、、、

韓国語の勉強にすこし気合いがはいっていたころ、日本語字幕の韓国語ドラマを見るのもいいかとおもって、「宮廷女官チャングムの誓い」のDVDを買って見てました。 このお話の後半部分でとても重要な役割を果たすのが「韓方」。今日は私の「韓方」経験のお話です。

アメリカでの学生生活から始まった私の海外生活。初めての寮生活、山のような宿題、わからない授業といろいろと大変だったのだけれど、さらにいろいろな文化の違いにもびっくり。苦労した学生生活をどのようにして乗り切ったかというお話もついてます。

海外生活や国際結婚をしていると飛行機に乗ることも多くなります。長時間のフライトを快適にすごす方法をいろいろと試しているのですが、、、 今日は私たち夫婦が実践している方法をご紹介したいとおもいます。そして、ちょっと私の不満も!

しっかりメタボぽっちゃりな夫、なので少しずつですが健康にいいことをしようと思っています。それで何年も前からソーダの量を減らすことにしているのですが、、、今日は私たち夫婦のソーダを減らす取り組みとそれが実を結ばない悲しい現状をお伝えします。 

アメリカへもどってきて家を探すときに私が譲れなかった条件の一つが大きく明るい窓があること。でもうれしい事にワシントンのコンドミニアム、多くの物件に大きい窓がついていました。今日は大きい窓の利点と欠点、そして我が家のブラインドについてご紹介したいと思います。

私と夫は夫の弟夫婦の立ち会いのもと、とても簡単にアメリカで結婚式をあげました。その後、夫家族が日本へやって来て両家の家族のみでホテルで式を挙げたのだけれど、、、今日は私たちが経験したアメリカでの結婚の手続きと日本での式の準備のお話です。 

夫とまだ遠距離していたころ、いつもパリで会うのも味気ないので格安航空会社ブエリングを使って私たちが大好きな国スペインへでかけたりしていました。今回はスペインの中でもアンダルシアの人気都市、グラナダをご紹介したいと思います。

私と義母も言葉が通じませんが、日本語を話せない夫と英語を話せない私の家族とも言葉でコミュニケーションができません。日常生活はそれでもまったく問題はないのですが、災害が起こったときや緊急時に私が通訳できない状況になってしまうと困ることもいっぱい。私たちが考えている対策は、、、 

↑このページのトップヘ