あまり知られていませんがヴァージニア州にはリッチモンドという都市があります。ワシントンDCに比べると観光という点では少し見劣りしてしまいますが、それでも見どころはいっぱい。今日はそんなリッチモンドのおすすめの場所のお話です。

あなたは業務時間外に仕事メールを受け取ったことがありますか? 家でくつろいでいる時や休暇中の仕事メール、だんだんと疲れてきませんか? 今日は勤務時間外の「オン」と「オフ」をどのように切り替えればいいのか、そして現在、少しずつ始まっている「つながらない権利」への取り組みについて考えてみたいと思います。

「国際結婚あるある」なのですが、日本で若い頃に楽しんだ音楽や映像作品の良さをなかなか外国人夫にわかってもらえないことってありませんか。今日はどうして夫と一緒に楽しめないのか、それでもどうやって二人で昔の作品を楽しんでいるのかご紹介したいと思います。

みなさん「ワシントン大聖堂」って聞いたことありますか。中心地から少し離れているのですがワシントンDCにもなかなか素敵な大聖堂があるのです。ブッシュ元大統領が亡くなられましたがそのお葬式の会場にもなりました。外観はパリのノートルダム寺院にもひけをとらない立派な建物なのですがいろいろな点で少しぶっ飛んでいます。もしお時間があれば観光にどうぞ!

さあ、クリスマスがやってきます。もう皆さんのご家庭ではクリスマスツリーの飾り付けをされましたか? 毎年、面倒くさいなと思いながらもやっぱりクリスマスの楽しい雰囲気に抗えず頑張って出してしまいます。今日は私が勝手に思っているクリスマスツリーを飾るコツもご紹介したいと思います。

韓国語を勉強し始めるとぶち当たる壁の一つに家族・親戚の呼び方があります。日本語より遥かに複雑で難しいのです。私は覚えるのをあきらめてしまったのですが、でもあきらめた後にもつづく親戚付き合い、あなたならどうやってこの難しい親戚の呼び方を乗り越えますか?

あなたはクリスマスプレゼントが欲しいですか? 私はとても勝手で失礼な言い方ですが「自分の欲しいもの以外はいらない」です。さて、そんな気持ちでこれまで試行錯誤してきた義家族へのクリスマスのプレゼント選び、今日は私のたどり着いた結論をご紹介したいと思います。

私と夫が住んでいた途上国は、世界でも下から数えた方が早いくらい治安の悪いところでした。なので戸締まりの厳重さには驚くものがありました。そんなセキュリティーに慣れた私たち、今、住んでいるマンションの防犯は少し心もとないのでいろいろと対策を考えているのですが、、、みなさんはどのような防犯対策をしていますか?

私がまだフランスに住んでいたとき、ワシントンに住む夫がわざわざヨーロッパに遊びに来るのだからと二人で一週間イタリアを旅行することにしました。3都市を列車で回ったのですが今日はそんなイタリア列車旅行のお話、そしてイタリアの列車をオンラインで予約する方法のお話です。

私と夫は出会ったときから別の国に住んでいたので遠距離を避けることができませんでした。結婚後も私が生活を変える踏ん切りがなかなかつかずにだらだらと遠距離生活を続けていました。なんとなく成り行きで毎日スカイプで連絡を取り合っていたのだけれど遠距離が長くなってくると話すこともなくなってくるので、、、

さて以前の絵日記で書いたように私の場合、2年の条件付グリーンカードは時間はかかりましたがあまり問題もなくとれました。しかし2年の期限が切れる前にこの「2年の条件」を外し10年のカードをもらうための手続きを始めなければなりません。これが本当に大変で、、、

これまでの海外生活で面白いなと思うのは国が変わるとスーパーのレジでの対応が違うということ。日本はレジ係さんもテキパキしていて袋詰めの台が別にあって合理的にできているなと思います。そんな国からアメリカにやってくるとスーパーでのお買い物にも戸惑うことが。今日はアメリカのスーパーでお買い物をするときに覚えておいたほうがいいことを紹介したいと思います。

日本へ一時帰国する際、どのような路線を使って帰ろうかなと悩みませんか? お値段もさることながら飛行時間、乗り継ぎ空港、出発時間や到着時間、いろいろと考えることがあります。さらに私の場合、関西空港発着なのであまり選択肢もなく、、、 

夫は本当におどろくほど記憶力が悪いのです。もうすっかり慣れっこになっているので少々のことではびっくりしなくなりましたが、そんな私でも驚くことがまだあります。今日は夫がどうしてそんなに物覚えが悪いのかを考え、そんな夫とうまく生活していくために私がとっている対策もあわせてご紹介します。

まったくフランス語が話せないままフランス生活をはじめたので言葉には本当に苦労しました。いろいろな語学学校、学習方法を試したなかで効果的だと思ったのは日記を書くこと。今日は私の日記学習体験を紹介してみたいと思います。フランス語だけでなく英語でも他の言語でもできますよ。 

夫はアメリカ軍で20数年働いていました。私は夫と結婚したことでいままで全く知らない軍人の世界をかいまみることになったのですが、驚くことがいっぱいありました。軍の階級もその一つ。今日は有名なアメリカ映画の登場人物の階級とともに、基地内の様子も少しお届けしたいと思います。

海外生活をはじめたころ、とてもとまどったのがボディタッチたっぷりの挨拶。ビジネスでの握手は問題ないのですが、親しくなってくるとそれだけではすみません。特にフランスは「ビズ」の国。今日はこの国で私が習得した「キスの挨拶」の仕方をご紹介したいと思います。

「子はかすがい」と言いますが、逆に子育ての大変さが夫婦のいさかいを引き起こすこともあるでしょう。私たち夫婦には子どもがいないのでピンとはこないのですがそれでもネコの食事でもめることがあります。今日はネコが口にしたら危険な食物、植物もあわせて紹介しています。

他の国際結婚の夫婦をみてうらやましく思うのは、外国人の奥さんや旦那さんが日本の文化が好きだったり日本語が話せたりする場合。また結婚してから勉強される場合もあります。うちの夫はほぼ日本に興味がないのですが、まあそれはそれでいいかと思っていたのですが、、、

アメリカ在住の方々に不評なもののひとつがこちらの高額な医療費、そしてややこしい医療保険。日本の単純明快な医療制度に慣れていると「ワ〜」って叫びたくなります。今日はアメリカで高額な医療費の請求書を受け取ったら鵜呑みにして支払うなというお話も書いています。 

↑このページのトップヘ